360℃ Google street view

360℃ビューを導入して
集客率をUPさせるサービス始めました!

新規顧客に向けてストリートビューを導入してみませんか。

GoogleストリートビューはGoogleが提供するサービスの一つです。日本はもちろん、海外に目を向けてみても、その便利さや信頼度は御墨付きです。 また、日本におけるインターネット利用者数は約1億人と言われ、日本の人口のほとんどが気軽に利用する時代になりましたが、検索エンジンの利用率を見ると、日本ではGoogleが約62%と日本でもトップの利用率を誇ります。さらに、海外を含めた全体でみると、Googleの利用率は約90%近い数字を誇り、国内はもちろん、インバウンド(外国人)戦略含めGoogleのサービスを導入することによる影響力は高いものが予測できます。言葉の壁を越えた営業ツール「ノンバーバル」(非言語)で施設や店舗の紹介をすることができます。

Google+ページでお店の詳細

Google検索でプレイス表示

Googleマップで経路案内

ストリートビューはネット上で店内や施設内を360°のパノラマで見渡すことのできるサービスです。 スマートフォンやタブレットにも対応し、その場にいるような臨場感が得られます。店舗様のWEBサイトやブログにも埋め込むことが可能ですので、初めてのお客様も安心して来店することができます。

GoogleストリートビューはGoogleマップと連動しています。 これにより検索者はまるで店内を歩いているかのように画面上を操作することができます!例えばお出かけ先で「ランチはどこ食べよう?」 そんなときにストリートビューはあなたのお店のPRをサポートします! お客様の課題解決にWEBデザイン通じて全力で解決していきます。

安心のロープライス!

お店や施設の規模や予算に応じた撮影料金をご提案します。また、維持や管理にかかるランニングコストは一切必要ありません。TAKASHI−DESIGNでは滋賀県内であれば出張料は無料にてストリートビューの撮影に伺わせていただきます。

小規模店舗にオススメ!!

小売業や飲食店にぴったり!!

広範囲に魅力を伝えたい方に!!

滋賀県長浜市でストリートビューをおすすめする理由

長浜市は、滋賀県北東部に位置する人口が約12万人の市です。中心市街は豊富秀吉が長浜城の城下町として整備して以来の湖北地方の中心地です。長浜市内には竹生島・長浜城・慶雲館をはじめとする歴史的文化的遺産に加え、黒壁スクエアなどの旧市街再生で観光地として近年人気が高く、多くの観光客が訪れるようになりました。 新しく導入したサービス、「ストリートビュー」はGoogle認定のフォトグラファーが店内や施設内を撮影します。ネット上でを360°のパノラマで見渡すことができるため、PCはもちろん、スマートフォンやタブレットから閲覧することでまるでその場にいるような臨場感が得られます。店舗様のWEBサイトやブログにも埋め込むことが可能ですので、初めて訪れる観光客の方も安心して来店することができます。

アンケート回答者1300人中84%にあたるお客様が、ストリートビューがレストランを決定した主な要因だと回答しています。

20%増加

ストリートビューを導入してから来客数が前年比20%増加

50%増加

検索結果からウェブサイトへのクリック率が50%増加

5

ストリートビューページの平均滞在時間は他ページと比較して5倍

50%

閲覧したお客様の予約ページへのクリック率50%UP!!

※上記データは、ある飲食店での1事例です。上記の効果を保証するものではありません。

こんな業者様におススメです!!

美容院・飲食店

はじめてお店に来るお客様に対して、web上で店内の雰囲気を細かく伝えることができます。通常の写真では伝えきれない部分も見やすく表示できます。

販売店・小売業

アパレルショップや雑貨店などでは実際にお店の中を歩いて見て回る様な感覚で、お店にどんな商品があるのかを楽しく伝えることができます。

ホール・施設

あらゆる方向から座席や設備をその場にいるかのように紹介することができます。また、舞台の広さや控え室の大きさ、入口からの導線も案内できます。

病院・介護施設

介護施設では入居者様の施設の下見にお使いいただけます。はじめての患者様に、事前にweb上で施設の魅力をアピールすることができます。

Google認定フォトグラファー

担当 : 山中貴司

Googleストリートビューのお問い合せはこちらから