360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

株式会社 材光工務店 様WEBサイト公開しました

Written by Takashi Yamanaka

2018年100周年を迎えられた長浜市にある株式会社材光工務店様。
商業施設や店舗、企業の建物、工場等の建築工事を事業の柱としています。

学校、体育館、庁舎といった公共施設も多く手がけており、施工実績として地域の方々には馴染みの深い、長浜城や長浜ドームも担当されておられます。

そこに住まう人々の未来を創るということ。

ものづくりを担うプロフェッショナルとして街やインフラなどを整備し、建物を造る。人々がより暮らしやすい環境を整えていくのが材光工務店様の仕事です。

それはただ建物を造るだけではなく、建ててから人やモノの流れを変化させたりすることも。例えば公共施設であれば、人が集い、交流が生まれ、人と人が触れ合う。それは今まで、その建物がなかったら生まれなかった繋がり。

100年のあゆみ

100周年を迎えられた材光工務店様。

記念すべき周年ということで特設ページ「100年のあゆみ」ページを制作させていただきました。

会社沿革の単なる延長線ではなく、大正→昭和→平成と、当時の写真を交えながら時代と共に、情緒に溢れ大きく変わっていく様子をデザインさせていただきました。

建築というしごと、それは思い描いた、まだ実在しない姿をカタチにしていくこと。

材光工務店様は100年来、請負の心・建築魂を掲げ、お客様一人ひとりの夢をカタチにしてこられました。
やがて建物に人は集い、経済は回り、街は息づいていきます。

建てる前から、長く使われ続けていくその後まで、「その場がどう活きるか。」
先代の頃より強く意識されてきた「街を創る」とう意識の中にある本質を、リニューアルさせていただいたWEBサイトでは表現しています。

「お客様の向こうにいるお客様が喜ぶ仕事を。」

ただ建物を建てるだけが仕事ではない。という観点では地方が抱える、人口減少→経済衰退=社会課題 という部分を洗い出し、「どうすれば街が活性化するか」「街から若者が出ていかないか」事も企業レベルで貢献されておられます。

地図に載る仕事。〜長浜を振り返るアーカイブ〜

長浜市にある、ケンタッキーやスターバックス、イオン(旧ジャスコ)やCans風の街、そして上記でも記載した長浜城や長浜バイオドームなど長浜を代表するランドマークを数多く手がけられてこられた材光工務店様。

施工実績では、各カテゴリーアイコンを制作し、ユーザーにとって直感的に遷移してもらえるインターフェイスを心がけました。
撮影も担当させていただき、スタッフ様、施工建築物は必要に応じてドローン DJI INSPIRE2で空撮させていただきました。

またスタッフ紹介では、リクルートをしっかりと視野に入れインタビュー形式で入社してからのリアルなエピソードを語っていただきました。

代表取締役社長である伊藤和真様には、代表のあいさつとして、仕事を通じ「街を創る」という視点で地域や世の中に対し、いかに貢献できるかという事を語っていただきました。

 

 

 

100周年を記念するこのロゴマークは、
まだ輪郭も帯びない想いが徐々にカタチになっていく
進化の姿を表しています。

BUILD A CITY!というコピーは、
地域の未来を見据えた、「街を造る。」という
新たな請負の心を宣言しています。

WEB https://zaimitsu.com

Pocket