360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

独自の四枚重ねは他の追随を許さない。

Written by Takashi Yamanaka

年の瀬迫るこの時期に、先日印刷面で大変お世話になった人を誘い、京極寿司さんへいってきました。

この時期は全てのネタが美味しく、本当に感激でした。

イワシは、キレイに下処理されていて、脂が口の中で程よく広がる。
この時期、光り物の中でも、トロのような食感です。

金目鯛はこの時期、やはり美味しく「ゆず」の僅かな風味が素材をぐんと引き立たてていました。
そ時々のネタを、「一番美味しい時期に一番おいしいいタイミング」で出すってやっぱりプロでしょう。

タイのような佇まいのブリ。
これが本当に美味しく柑橘系の風味を感じさせる一品でした。

鯵に至っては「夏」のイメージがありますが、この時期、京極さんが出すこちらの鯵も、脂の乗り方や弾力のある身がとても美味でした。

マグロに至ってはこの美しさ。江戸前スタイルが出ていてビジュアルも味も、本当に感動レベルです。

こちらもまさに旬のいくら。
デザートのような佇まいで登場するこちらのいくら。わんこそばスタイルで何杯も頂きたいところですが、しっかり丁寧に少しづつ掬っていただきます。

中トロに関しては「口に入れた瞬間とけるので注意してください笑」といわれ頬張ると、その言葉の通りにネタが溶け、シャリが崩れて最高のコンビが完成する。

この時期のビワマスは脂が抜群に乗っていて最高。以前、夏に頂いたビワマスとはまた違う所謂「旬」を味わえます。

鯖。独自の四枚重ねに仕上げられて出てくるこちらの一品は他の追随を許さない、感動レベルの美味しさです。

ミョウバンを使用していないためウニ特有のミョウバンの匂いは全く無い。
そのかわりに口の中に広がる海苔の香ばしさと、磯の香りは例えようのない旨味。

白子入の茶碗蒸し。
ぷるんっとした上品な食感が、これまたクセになりチーズの芳醇さも相まってなんとも形容しがたい独自の美味しさに仕上がっています。

最後に何食べたいですか?とエンガワを注文しましたが、こちらも初めて食べる旨味が口の中で広がる。

当たり前なんですが、安価チェーン店のそれとは一線どころか別次元の美味しさでした。

京極寿司さん、いつも本当に美味しいお鮨ありがとうございます!

アクセス

所在地: 〒526-0059 滋賀県長浜市元浜町6−11

定休日:火曜日

電話: 0120-393-265

Pocket