360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

La Spiaggia -ラ・スピアッジャ-で懇親会

Written by Takashi Yamanaka

先日行われた長浜青年会議所2018年度後期会員入会の懇親会&オリエンテーション・歓迎のお疲れ様会を開催。

北ビワコホテルグラツィエさん内にあるLa Spiaggia -ラ・スピアッジャ-様にて〜

今年の4月にリニューアルオープンされたばかりということで早速行ってきました!

久しぶりのカメラで料理撮影

で、ここんところiPhoneXのカメラの精度に魅了され、ご飯食べに行くときも、あんまりカメラを持ってかなかったんですが、この日は単焦点レンズだけを持って参加。

テーブルにつくや迎えてくれたかわいい蝶ネクタイ型の可愛らしパスタ。

まずはシャンパンで乾杯。

あいさつ代わりに出てきた一品目は、「イタリア直送モッツアレラチーズと静岡県産甘いトマト“アメーラ”のカプレーゼ」

チーズと信じられないくらい甘いトマトのコンビは裏切るはずもなく、ビールがただただ進みます。
上品な塩分がトマトの甘みと酸味を殺すこと無く同居してました。

「天然鮮魚のカルパッチョ 柚子の泡のムースとレモン塩にて」

サッパリとした味わいが特徴的でシャンパンにもよく合います。

この日は大人数だったので島を2つに分けて座ってましたが、まぁ盛り上がりましたね。

「イタリア産 生ハムのスライス」が繊細な食感を残しながら、嫌味のない塩分とチーズのハーモニーがワインに良く合います。

もう赤でも白でもなんでもいいですね。

挨拶を行っていただいた伊藤委員長。

ひとりずつ挨拶をさせていただいんですが、やっぱり各々個性があり、

みなさん。ほどよくお酒が回ってきていい感じ(笑)

お次に出てきたのがこちら…

やはりお肉にはフルボディ寄りの「赤」で決まりです。

ガツンとくる口当たりは料理もそろそろ後半に差し掛かったことを知らせてくれます。

伊藤委員長に撮っていただきました(笑)

おっと、いいお肉のシーンで脱線しました。

それしてもこの「鹿児島産黒毛和牛モモ肉の炭火焼」

塩 or マスタードで頂くんですが、このレア感を残しながらしっかりと肉の旨味を味わえる。

これからの長浜について熱く語っておられる伊藤委員長。

いや〜どこを切り取っても絵になります。

後半にでてきたボンゴレ。

フレッシュトマトの「赤」がプレートに彩りを与えてくれ、アサリと完璧にマッチしていて美味だった。

今年はダブルピースが謎の(笑)小顔効果があると力説する瀧本さん。

〆はティラミス。

長浜でも数少ない本場のイタリアンが味わえる名店でした。

Pocket