360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

ノマドの練習【石川・金沢】

Written by Takashi Yamanaka

仕事で金沢に行ってきました。

ところ変われば、空気も違うし仕事がはかどる。ゆっくりと決められた時間の中でこなす業務。

この習慣を早く体得して、どこへ行っても、いつもの、いやそれ以上のパフォーマンスで仕事にこなしたい。
様々な景色を味わいながら、すこしずつ今まで見れなかった土地に足を踏み入れたい。

この日もそんな思いだった。

ということで仕事を終えて、先輩と金沢の街へ。せっかく来たのだから、地のものを味わいたい。

海の幸

金沢といればやっぱり日本海。まずは海老からスタート。

鮮度、共に甘みは抜群。まずは、「これぞ日本海」といったお造りから。

食べ終わった海老はそのまま塩焼きにして頂く。

頼んだわけでもないのに、裏から料理長が出てきて「塩焼きにさせていただくと美味しくいただけますよ」と話して掛けてくれる。

こういう心遣いってホント、つくづく「プロだな〜っ」と思う

次は、活きイカの造り。
身の透明度が高く食感がコリっコリだった。

スーパーなどのに売られているグミっぽい食感は一切なく、イカの旨味がギュッと凝縮されていた。

「のどぐろ」のお寿司は、脂のノリが抜群で10カンくらいは立て続けに食べれそうなくらい美味しかった。

お酒の美味しさ

二軒目は地元のBARへ。

金沢は地酒も有名みたいなんだけど、僕は日本酒飲めないからパス(笑)

雰囲気もよくお酒も美味しく。

気分は上がる。

振り返ると、お酒って僕は20歳の頃は全然飲めなかった。
少し舐めるだけで顔は真っ赤になっていたし、眠くなって居酒屋でもすぐ横になっていた。

だけどいつの頃からか大好きなった。
気の合う人と飲むお酒ってのは本当に美味しく、代えがたい時間を提供してくれる。

今日という一日という対価に対して味わうお酒。自分の働き具合によって、この「お酒の味」が変わるのが本当に面白い。

この日は、葉巻を嗜みました。

最近お気に入りの財布「BAD MOTHER FUCKER」とう強烈なNGメッセージが刺繍された財布。

こちら僕の大好きな映画パルプ・フィクションでジュールスが持っていたもの(笑)

ちなにみ映画で登場する財布は監督のタランティーノの私物だとか。

先輩ご馳走様でした。

こうして金沢の夜は暮れていくのでした。

ということで、映画パルプ・フィクションの挿入歌から一曲(笑)

 

Surf Rider

The Lively Ones

※タップ(クリック)すると曲が流れます。

Pocket