360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

琵琶湖に一日だけ出現したフィンランド式のテントサウナ。

Written by Takashi Yamanaka

長浜に住む多種多様な人たちと交流ってやっぱり楽しいな。
カンボジアから帰ってきた2日目は琵琶湖の湖畔に一日だけ出現するフィンランド式のテントサウナに参加。

 

文字通りこのテントの中がサウナになっているわけなんだけれど、気持ちよすぎてくせになる。
サウナといえば水風呂。

感のいい方はお気づきかもしれないけれど、たっぷり汗をかいた後は、琵琶湖にそのままダイブする。

我慢して我慢して我慢した後に飛び込む3月の琵琶湖(笑)

気持ちよすぎて昇天しそうだった。

新しい出会いもたくさんあって、地域を面白くしていこうとする人たちに囲まれて刺激たっぷりの一日だった。

また、寒空の下で頂くフィンランド式のサーモンスープが本当に旨い。やっぱり現地の人が作る料理って「日本人用」みたいな感じで手直しされていないから美味しい。

ホームの琵琶湖のはずが海外に来ているかのような感覚になった。

3月のに水着でウロウロしているが多いから、湖岸道路を走る車から「何やってんの?」って具合で変な目で見られていたけれど、なかなかないイヴェントだけに心身ともにリフィレッシュできた一日だった。

中には大阪からFB?かなにかで情報を聞いて一人で来ちゃいました。っていた女の子とかいて。やっぱこういうイヴェントに集まる人ってみんな感度高いよね。

それにしても楽しかったな〜。またやりたい。

同業、デザイナーのタカユキくんと。

ベンチにてロン毛の2ショット。
サウナ上がりに見えた湖面に映る夕日はとても美しかった。

Pocket