360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

材光工務店100周年記念事業「よしもとご当地新喜劇公演」

Written by Takashi Yamanaka

今、お仕事をさせていただいている材光工務店様が100周年を迎えられ、記念事業として吉本新喜劇を開催されました。

脚本もなんと!!ご当地オリジナルバージョン!

会場は超満員1,800人

二部制で全て無料招待という太っ腹なこの企画。

伊藤社長の冒頭のあいさつでも「地域のみなさまのおかげで100周年を向かえることができました。」

という創業100年間、長浜の土地を中心に建築請負業をされてこられた材光工務店様。

「地域のみなさまに楽しんでもらえる企画を。」

という気持ちから今回の100周年事業を企画されました。

歴史あるハッピを羽織られ舞台の上で挨拶をされる伊藤社長。

漫才も楽しめた

新喜劇の前には漫才のプログラムが組まれ、誰もが知っている漫才師の方々が登場!!

大木こだま・ひびき

生の「チッチキチィ〜!!!」はやっぱり面白くって。(笑)

ロザンのインテリネタも面白く、ツボにはまって最高だった。

夢に出てきそう(笑)

中川家

もうね。この人達はちょっと個人的に反則レベルの面白さ。

車掌さんが聞けたのはほんと贅沢。しかもご当地バージョンで(笑)

その他にも一般参加オーディションの審査委員をされていたファミリーレストラン、ジャルジャルなど豪華ゲストで沢山、笑わせて頂きました!!

スペシャル企画の新喜劇

新喜劇では一般の方も参加するというスペシャル企画!!

なんと長浜青年会議所メンバーも登場し、佐藤藍さんに突っ込まれてました!!(笑)

新喜劇は以前に、京都でも見たから二回目だったんだけど、やっぱり地元長浜ネタを取り入れたこの企画は本当に面白くって。

子供のたちも明日からはクラスの人気者になれるし「新喜劇に出た!!」ということは一生の思い出にもなるよね。

「お笑い」ってすごい力をもってるんだって事を認識させてもらいました。

きっと、辛かったり、落ち込んでたりしてた人も今日の漫才や新喜劇を見て、「また前を向いて生きていこう」って思った人きっといたはず。

大げさに聞こえるかも知れないけれど、きっとそういう人、居たと思う。

僕もパワーもらえました。

笑いが絶えない、素敵な日でした。

これからも地域に愛される企業として

公演が終わりエントランス前で記念撮影。

100周年ロゴを制作された仕立て屋と職人の石井拳之くんと。

同じプロジェクトを共に動かしていく中で彼には学ぶことがとても多くって。

クリエイティブに刺激し合える、よき仲です。

そんな彼と出会うきっかけになったのも、何を隠そう材光工務店様の伊藤社長。

このBLOGにも取り上げてました、エキマエイルミネーションの企画を、影で支え続けて頂いた方でもあります。

あらゆる場面で伊藤社長とご一緒させていただくことが多いのですが、とにかく伊藤社長の牽引力は底知れないものを感じます。

これからも地域に愛される企業として一層の飛躍ご祈念致します。

伊藤社長、材光工務店のみなさま、素敵な周年記念イベントにご招待していただきありがとうございました!!

 

年内にも材光工務店様のWEBサイト、リニューアル公開予定。

coming soon….

Pocket