360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

NEW OFFICE 〜そしてここから〜

Written by Takashi Yamanaka

なんだか年始からバタバタしてて正式に告知できていませんでしたが、ようやく落ち着いてきたのでお知らせです。

この度、2020年1月1日からオフィスを移転しました。

シリコンバレーのようなIT系のオフィスがずっと欲しかったのですが、年末にちょうどぴったりなタイミングで空き物件がでましたので、即決させていただきました。年の瀬の引っ越しは、なかなかハードでしたが無事引っ越しも完了いたしました。

新住所はこちらになります。


〒526-0031
滋賀県長浜市八幡東町199-6 1F

※電話番号などは変わっておりません。

まだまだ、デスク(造作中)の配置や什器の搬入、一部内装などの改装予定もありますが、ひとまずのご報告になります。

完成した段階で、またお知らせさせていただきます。

OFFICE内はこんな感じです!


(なんとバーカウンター付き!)

新しくなったオフィスはとても快適で毎日5時には出勤してます。もうクリエイティビティな成分が脳内から出まくって仕方がありません。

この場所から気持ち新たに、デザインを柱に、新規事業の構築なども考えています。

新年を迎え、気持ち新たに今まで以上に取捨選択していき、自身の社業でも同じマインドである「引き算の美学」から、「いらないもの」はどんどん捨てて、本当に必要なものだけを残し、またブラッシュアップしていきたいと思います。

去年の記事にも綴っておりました内容ですが↓

何も咲かない冬の日は下へ下へと根をのばせ。

世界には、沢山のホームレスの子供や、貧困、差別に合っている現状…これは僕が歩いてきたベトナム、カンボジアでもそうでした。自身の仕事を活かしながら少しでも解決することはできないか。と考えていました。

そこで、ある先輩は僕に「タカシくん、世界も大事だけれど、まずは日本というフィールドで見てみたら?」

この時に、夢を海外に向けて描くことは良いことだけれど、まずは地域社会の問題を解決しなければいけない。そんな風に気付かせてくれました。

自身の社業であるデザイン業をベースに、以前からBLOGを通して一貫して思い、感じ、そして発信してきたことの中で特に、力を入れて訴えてきたことが、自分の生業の一旦を活用し、障がいがある人をサポートし、差別を無くす手助けができればという事。

去年の年末は「自分に何ができるか?」という視点からかなり考えました。
デスクワークを活かして何か切り出せることはないか?という事。

あれこれイメージして自分の中でしっかりと発信できるようなカタチで整ったらしっかりとご報告させていただきます。

 

 

春に命が芽生え

夏に命が盛り

収穫の秋が来て

力をためる冬が来る。

 

 

この原理、原則とも言える循環。

これから冬にしっかりと根を降ろし、春向けて自身の仕事を活かし、夏に花を咲かすために。

ところで新年、新事務所と、新しいことにちなんで、今の心境にぴったりなポール・マッカトニーの「NEW」を日本語和訳付きで聴いています。

初めてポールを、武道館で見た時の感動は今でもはっきりと覚えています。

中学の時から本当によく聴いていたビートルズ。ソロになって、しばらくの沈黙の後、彼は立派なまでに返り咲いた。米つぶみたいに小さくしか見えなかったけれど、嬉しくて嬉しくて、目の前が見えなくなるくらい興奮し、発狂して泣いた。

稚拙だって思われるかも知れませんが、確かにあの時の熱量は間違いなく本物だったし、僕の琴線を揺さぶり続けたの事実だから。

あの感動をもう一度得たいから、新しい挑戦をして、今までの殻を破って「人」のお役にたてる仕事をしたい。自分に何ができるかを向き合いながら、この歌に乗せて。

”NEW”

Paul McCartney

前回の記事からの繰り返しにはなりますが、2020年も新しく生まれ変わるTAKASHI-DESIGN2.0をどうぞ宜しくお願いいたします。

Pocket