360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

初めてのことなんて山ほどあるで。

Written by Takashi Yamanaka

会食相手、西嶋さん。

年が変わってから僕は、自分といくつかの大きな決め事を交わした。

それはきっと、これからしばらくの人生で、僕を支え続けていくだろう。

そのために捨てなければいけないものが、またいくつか出てきそうだった。

先輩の言っていたことが奥が深く、まさに「仕事だな〜」と思った。

初めてのことなんて山ほどある

「この年までこれ一本で仕事してきても毎回毎回、初めてのことなんて山ほどあるで。」

この言葉は今年に入ってから言われた言葉なんだけど、本当に今、その意味を僕は痛感している。

それでも自分の中でできる120%も150%をやりきる。日々の仕事がルーティンでない以上、かならず、こういう壁にぶち当たる。これが仕事だ。

以前にも書いたことだけど。本当、「当たり前の顔」してその仕事をこなしている人ほど、強い人はいない。

トラブってもわわてふためくことなく、ただ目の前の事柄に冷静に対処する。淡々と。顔に出すことなく。
その重圧たるや相当なものだろうに。

そのためには、もう少し思っていることをきちんと言った方がいいのだろうと、僕は心底思い始めていた。黙って実行するからいけないのだ。と分かっていた。

清算と生産が追いつけば…

僕は、何かをデザインすること=作ること を愛せてよかった、とまだ思っている。
ことばを、人を愛することを、旅を、その先にある日常を。どこかに届けたいと思った。

3年前に、僕がゼロから何かを始めたように。

無理なことはないのだ。「そうやってしか生きられない」。

仕事面においても 清算と生産が追いついくことができたとしたら。だとしたら、きっとお互いに2018年は、すごくいい年になるに違いないだろう。

 

Pocket