360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

ジャニス・ジョプリンという女の子の闇を見た。

Written by Takashi Yamanaka

さて、1960年代のアメリカ・サンフランシスコといえば、ヒッピーの聖地でありました。

僕は、この年代のイギリスやアメリカの音楽がとても好きで、もちろんこのジャニスの曲も何百回も聴いてるくらい好きなアーティストの一人でした。

まぁ当たり前ですが、60年代の音楽はリアルタイムでは体験しておらず、ジャニス・ジョプリンといっても、ヒッピーとかウッドストックとかそのへんにいて、ドラッグで若死にした、というくらいしか認識しておりませんでした。

というのも、ネットフリックスで「Festival Express」というずっと見たかった映画が最近UPされていました。

そこにぼくの好きなザ・バンドや、グレイトフル・デッドなどが出演しており、その映画も十二分に楽しかったのですが、その流れで同じカテゴリーにあった「Janice: Little Girl Blue」というドキュメンタリー映画がオススメされて見たのがきっかけで、久しぶりにドハマリしました(笑)

やっぱり音楽も大事ですがそのバックボーンが見れてそれにハマっちゃうと、一気にのめり込んじゃいますね。

自分が嫌でしょうがなかった。

ジャニスはテキサスの生まれですが、変わり者で、地味な顔立ちで、今で言う「コミュ障」「非モテ」であり、学校では「ブス」や「ブタ」などと言われて、ひどくいじめられました。

50年代、すでに「ビート」「ビートニク」などと呼ばれる、前衛的な詩・文学の潮流が勃興していたサンフランシスコのコミュニティでは、超越的な体験を得る実験として、種々のドラッグが使われていました。

ジャニスはそのコミュニティの中で、ドラッグ(ヘロイン)で体をこわしてテキサスにいったん戻ったり、婚約者に裏切られたり、故郷ではまたいじめられたりして、さんざんに傷ついて、音楽をやりながら、1965年にまた、なんとかサンフランシスコに舞い戻ります。

そこで、ジャニスはBig Brother and the Holding Companyというサイケデリック・ロックのバンドのリーダーに気に入られ、リードヴォーカリストとして参加します。このあたりは、現在のシリコンバレーで、なんとなくコミュニティができて人のつながりでベンチャーができ、コミュニティの中でそれを育てていく感覚と似ていますね。

カウンターカルチャーのど真ん中で

60年代後半、泥沼化するベトナム戦争に対するアメリカの若者の思想的には「ビート」の流れを汲むカウンターカルチャーが、より派手なスタイルの「サイケデリック」カルチャーとなり、「サンフランシスコ・サウンド」とよばれるサイケデリック・ロックが誕生しました。

ジェファーソン・エアプレーンやジャニスが加入したビッグ・ブラザーなど、ちょっと離れたパロアルトでは、グレイトフルデッドも頭角を現しました。

彼らは、すでにヒッピーの聖地として有名になりつつあった「ヘイト・アシュベリー」、つまりHaight StreetとAshbury Streetの交わるあたりに住でいました。

当時まだ合法だったLSDがふんだんにありましたが、ジャニスはドラッグの誘惑と常に戦っていました。

ウッドストックでは映像もあまり良くないし、動くジャニスを見てもあまり魅力を感じなかたんですが、このリトル・ガール・ブルーに収録されているLIVE映像にはちょと衝撃でした。こんなにもソウルフルに歌う女性を他に見たことがありません。

ビッグ・ブラザーは、モンテレイの後、急速に全国的に売れましたが、その注目はもっぱら、ブルージーでパワフルなヴォーカリストであるジャニスに集まりました。「バックバンド」扱いにむくれたバンドのメンバーとの間で不協和音が起こり、1968年には追い出されて独立。

儚い最期

ドキュメンタリーでは、この頃のジャニスについて、「舞台でパフォームし、大観衆の喝采を浴びているときだけが、気分が高揚して安心していられる時間であり、いったん舞台から降りて一人の時間になると、耐えられないほどの孤独と不安に苛まれていた」と描写しています。

婚約者に裏切られたあと、安定して彼女を支える人とはついに出会うことができず、男性だけでなく(女性とも関係をもつ)いろいろなパートナーに依存しては離れる不安定な関係が続きました。

そして、ずっと絶っていたドラッグとの戦いに彼女は負けてしまいました。

ジャニスは1970年10月、ハリウッドでレコーディング中に、ひとりぼっちでホテルの部屋で、オーバードーズのために亡くなりました。

そしてレコーディング途中だったジャニスのアルバム「Pearl」は、かなしいかな、彼女の死後に発表されました。

このストリーもぼくの大好きなサザン・ソウルを代表するオーティス・レディングの「The Dock of the Bay」と同じく皮肉なことに、死後に最大の大ヒットを記録することに…

まだ27歳、メジャーな活躍期間はわずか3年間しかありませんでした。

最大のご褒美は…

ジャニス・ジョップリン…彼女は「女性」というより、「女の子」という形容の方がどこかしっくりくるような。そんなひとではないでしょうか。

派手なスポットライトを浴びる一方で、常に不安にかられていた日々。

映画の中で彼女は歌うことについて こう語っています

 

 

私にとって、歌うことは人生における最大のご褒美よ。

 

 

日本ではビートルズのように彼女の曲はTVでは流れないけど、ココロをぐっと掴むものがあります。聴いたことのない方、まずはこの曲からいかがでしょうか。

Janis Joplin

Me And Bobby McGee
[あえてのMono Single ver.]

※タップ(クリック)すると曲が流れます。

 

Pocket