360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

「戻ってきたんだよ、今。」

Written by Takashi Yamanaka

今の自分が10年後から戻ってきた自分だったらどんな行動をするだろう?

10年後の自分が納得するくらい挑戦し努力しているだろうか?

10年後の自分が後悔するような生き方をしていないか?

まぁ僕もこんな事を年に何回か考えているわけだけど。。。

最近ちょとココロ震わす言葉に出会った。

ネットで何かを調べてる時に出会った、言葉なんだけど、

10年後にきっと、せめて10年でいいから、
戻ってやり直したいと思っているのだろう。

今やり直せよ。

未来を。

10年後か、20年後か、50年後から

戻ってきたんだよ、今。

これは実は2ちゃんねるで、誰が書いたかわかんない言葉。

「戻ってきたんだよ、今。」

で、この言葉、すんごい共感したのでちょっと記事にしてみようと思いキーボードを打ち始めた。

僕はこんなことを考えたりする。

過去に生きることが意味がないとわかったので、こんなふうに考えることもないけど、この名言は僕にとって、今までにない新しい視点を与えてくれました。

デロリアンは無いんだぜ?

時間軸から次の様なことを考えてみた。

今の自分が10年後から戻ってきた自分だったらどんな行動をするだろう?

10年後の自分が納得するくらい挑戦し努力しているだろうか?

10年後の自分が後悔するような生き方をしていないか?

そう考えながら、もし、今の自分が10年後から戻ってきたと考えると、がんばれちゃう(笑)
ほんと人間って不思議。

いずれにせよ、どう転んだって僕たちは“今この瞬間”を生きるしかない。

僕の大好きな映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場する、タイムスリップできる車「デロリアン」は残念ながら2018年現在では発明されていないから、過去や未来を変えることはできない。

過去の出来事が自分にとってマイナスと取るかプラスと取るかはその人の決断次第。

だから、出来事自体は変えることができないけど。考え方次第でマイナスと取るかプラスと取るかはそういう意味では変えられるといえば変えられる。

すべては“今”

将来のイメージをすることはやっぱり大事。

どんな人間になるのか?

どんなことをやりたいのか?

…っと言っても、イメージだけしていても事はスタートしない。

いまこの瞬間を精一杯生きること。

今この瞬間にできる最善のことをひたすら実行すること。

これが今を生きる自分にとって、未来に描く最高の自分を手に入れる唯一の方法。

すべては“今”ということ。

僕たちは実は皆、「今」やるべきことがわかっているはず。

本当はやらなきゃいけないんだけど、逃げている。

「めんどくさいからな」「こんどでいいや」「どうせむり」

やらない=できない 言い訳を並べているだけで、自分の良心に聞いてみれば、正しい行動はわかるはず。

やるべきことをやる

その正しい行動とは、欲望に任せた行動ではない。

ここ、けっこう勘違いしている人多いと感じてるんだけど、「やりたいと感じたからやる」では動物レベルでしょ。

そうじゃなっくて「やるべきことをやる」からこそ人間なのであり、これは人間だけに与えられた能力だ。

自分の良心に従ってやるべきことを明確にして、それを今すぐに実行する。

この習慣が身についてしまえば、次々と目標を達成していくこと。

そしてその「質」を上げていく。

これを繰り返して行けば死ぬまでにはきっと明るい未来がまっているんじゃないか。

過去を「振り返る」ためにデロリアンは必要でも、未来を「変える」ためにデロリアンは要らない。

そんな生き方がしたいね。


そんな明るい未来を作りたくて空撮してきました。 連日BLOGで掲載してきました、長浜駅エキマエイルミネーション。

Movie by TAKASHI-DESIGN

 

Pocket