360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

Edtech 〜新たな考えを持って、自分の将来を考える〜

Written by Takashi Yamanaka

中学生を対象に、自分の未来を考えることができるように、そして地域で活躍されている方々からの話や未来年表作り、そして教育の最先端を存分に味わえる「Edtech(エドテック)」に触れるイベントのお手伝いをさせていただきました!

Edtechとは…

EdTechとは、教育(Education)× テクノロジー(Technology)を組み合わせた造語で、教育領域にイノベーションを起こすビジネス、サービス、スタートアップ企業などの総称です。

この事業では、上野賢一郎財務副大臣、経済産業省 サービス政策課長(兼)教育産業室長 浅野大介氏のご協力のもと、エドテック(EdTech)を滋賀県初上陸で体験して頂きました。

エドテック業者様として、COMPASS様、Google様、Life is Tech!様、凸版印刷様、学研プラス様にご協力頂きました。

また、湖北の中学生を対象に普段の学校では聞くことができない、湖北で活躍しておられる企業様のお話を聞いて頂きました。これにより地元に憧れを持つこと出来る、新たな考えを持って貰うことで、自分の将来を考えるきっかけ作りになりました。

たくさんの中学生に参加して頂き、各企業様の挑戦と成功のお話を聞き、その後エドテックの体験。
中でも普段の授業では学習できない体験を事業を通してしてもらえました。

お昼ご飯は「こほく職×食マルシェ」で、湖北で活躍しておられる飲食店様に出店をして頂き、沢山のご来場がありました。

以前にTAKASHI-DESIGNものれんを制作させていただいた、麺屋 號 tetu様、ピッコロボスコ様、以前にBLOGでも紹介させていただいたエルオチョ様、魚丸様、キャリールーム様、鳥塚様に出店して頂きました。

中でも今後、要チェックしておきたい企業様をご紹介します。

ライフイズテック株式会社

ライフイズテック株式会社様
https://life-is-tech.com/

ライフイズテック株式会社様は
「教育×IT×エンターテイメント」で中高生ひとりひとりの可能性を最大限伸ばす!!
を合言葉に、
中学生・高校生が参加する国内最大級のIT・プログラミングキャンプ、スクールを運営されており、子どもたちがIT・プログラミングを学ぶことで自分の可能性に気づき、世界を変える力を得る場をつくることに強い思いを持って活動されておられます。

プログラミングとデジタルアートという最新のIT技術を学ぶことによって、中学生・高校生の「創造する力」と「つくる技術」の習得を目指すプログラムを提供されています。

そして、今回の事業ではライフイズテック様のご協力により
ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」
をこの湖北の地にて体験いただけます!!
こちらは、ディズニーの世界観とライフイズテック様の教育のノウハウで制作されました!

株式会社COMPASS

株式会社COMPASS様は「未来の君に会いにいく」をスローガンとされ、
子どもたちが生きる未来を一緒に考え、人生を共に歩むことを教育理念とされておられます。

その子どもたちの未来を生き抜く力を育てる教育を創出されています。
Qubena(キュビナ)を使った「基礎教育」と課題解決力の育成を重視したSTEAM教育「未来教育」で子どもたちのイマとミライを生き抜く力を育てておられます。

また別会場では、株式会社 学研プラス様が「Music Blocks」(ミュージック・ブロックス)という学習ソフトを子どもたちに体験させてもらいました。

https://qubena.com

「Music Blocks」は、音楽を通して算数やプログラミングの考え方を学び、算数やプログラミングを通して音楽を学ぶビジュアル型の学習ソフト。

凸版印刷株式会社様ではデジタル教材「やるKey」という教材を体験。
デジタル教材「やるKey」とは先生の実現したい教育のためのデジタル教材です。理解度や家庭学習の状況が可視化され児童にあわせた学習が実現できた!

今までの黒板にチョーク&トークで進める授業とは違う、これから学習スタイル。

効率よく、楽しみながら進められる素晴らしいカタチの授業だった。

長浜市も、もっと都市部に負けないくらいこういった最新の教育スタイルが浸透してほしい。

きっと未来が変わるはずだから。

Pocket