360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

ありがとうが爆発する夜

Written by Takashi Yamanaka

先日はお友達の生誕祭に向かうため東京へ。

36歳の誕生日。おめでとう。

僕が20歳の時からだから12年か。

お互い色々あって、生まれた場所も育った場所も違えど十代の頃からMDウォークマン(懐かしい!)で同じようにビートルズ聴いて、自分探して…迷って。立ち止まりながらもそれでも前を向いて生きていって。

別に言葉にしてどうっだてことはないんだけど、ほんとこういうのって「ソウルメイト」って言うんだろうな。

いくつになっても、パワフルなあなたにはいつも元気をもらってます。

僕もかぶりたーい。とHAPPYBIRTHDAY HATをかぶりたがるお子様(笑)

「ありがとう」

この日に約束した。

「もし、お互いなんとか60歳くらいまで生きてたらあの時、やりたくてもできなかったバンド組んで音楽やろうぜ」って。

なんか年寄りのニール・ヤングみたいだな。…って笑ってた。

そのためにも、今はお互いに一生懸命頑張って仕事して、また会える日にまでに男を磨いておこう。

ありがとう…

確かに爆発した夜でした。

一杯おめでとうの曲は歌ったし、今のこの記事を書きながら頭の中で流れる曲は、やぱっりビートルズのこの曲か。

5人目のビートルズと称されるジョージ・マーティンが手がけた間奏は、バロック調のチェンバロサウンドが印象的。

20年ほど前もそうだったよね。

 

In My Life / The Beatles

※タップ(クリック)すると曲が流れます。

 

 

There are places I remember
思い出の場所がいくつもあって

All my life though some have changed
中には変わってしまった場所もあれば

Some forever not for better
変わらず永遠に続く場所もいくつかあって

Some have gone and some remain
去っていった場所もあれば、残った場所もある

All these places have their moments
どの場所にもそれぞれに思い出があるんだ

With lovers and friends I still can recall
忘れることなんてできない、愛する人や友人たちとの記憶の場所

Some are dead and some are living
亡くなった人たちもいれば、まだ元気でいる人たちもいる

In my life I’ve loved them all
そのすべてを、この人生で僕は愛してきたんだ

But of all these friends and lovers
でもそんな友人たちも愛してきた人たちも

There is no one compares with you
あなたとは比べられない

And these memories lose their meaning
これまでの思い出はみんな色褪せてゆく

When I think of love as something new
愛を新しい物として受け入れてしまうから

Though I know I’ll never lose affection
愛情を失くしたことは一度もない

For people and things that went before
過ぎ去っていった人たちや物事を今もまだ愛している

I know I’ll often stop and think about them
ときには立ち止まって、思い出すこともあるけれど

In my life I love you more
それ以上に僕はあなたのことを強く愛していこうと思うんだ

Though I know I’ll never lose affection
愛情を失くしたことは一度もない

For people and things that went before
過ぎ去っていった人たちや物事を今もまだ愛している

I know I’ll often stop and think about them
ときには立ち止まって、思い出すこともあるけれど

In my life I love you more
それ以上に僕はあなたのことを強く愛していこうと思うんだ

In my life I love you more
愛しい人生の中で、あなたのことを愛していこうと思うんだ

 

Pocket