360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

オーストラリアで起こっている現実。〜僕たちに何かできることはないか〜

Written by Takashi Yamanaka

本日朝からコーヒーを飲みながら喫茶店で経営者仲間と雑談をしている中で入ってきた情報。

オーストラリアでは2019年9月ごろから各地で森林火災が発生している。

BBCなどによると「高温と乾燥した気候」により200件以上の火災が起きる、「前代未聞の事態」が続いているという。

これまでに2,000軒以上の家屋が被害を受けたほか、数百万ヘクタールが焼け野原になったとされている。

また、オーストラリアの環境保護団体「The North East Forest Alliance」によると、この火災の影響で、25,000匹以上のコアラが死に、北部海岸エリアにおけるコアラの生息地の約30%が焼失したという。

カンガルーなどその他の動物を含めると被害にあった生物は10億匹を超えるという。。。

この規模の天災は僕が生まれてから初めての出来事なんじゃないでしょうか。

がせネタ情報に惑われずに真実を。

「オーストラリアの山火事をおこした大人31人、子供67人が逮捕されました。逮捕された人達は、気候変動活動をしているメンバーでした」

ツイートは1万近く「いいね」され、「最低」「ドン引き」などの言葉などに加え、環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんを揶揄するリプライなども集まっているいる。

これは、アメリカ人男性の以下ツイートを引用したもの。元の文章は何かの記事を引用したかのような体になっているが、根拠は一切示されていない。

 

“Australian authorities have reportedly arrested 98 people – 31 adults and 67 juveniles – for deliberately setting over 100 fires. These people are affiliated with a local Climate Change activist group”

「オーストラリア当局は大人31人と少年67人の計98人を、100カ所以上の放火容疑で逮捕した。これらの人々は、地元の気候変動活動団体に加入していた」

先出のツイートにある「98人(大人31人、子供67人)」という数字は、12月20日にAAP通信が報じたクイーンズランド州警察の数値と重なる。

放火が起きているのは事実

AAP通信の報道では、103の火災について98人が対処されたとされており、「逮捕」とは明言されていない。BuzzFeed Newsの取材を総合しても、「98人が逮捕」とする根拠はない。

では、この98人が「環境活動家」(local Climate Change activist group)だという情報はどうか。なお、「local Climate Change activist group」という言葉は、この男性のツイート以前には見つからない。ニュースソースも同様です。

AAP通信の報道では、プロフィルに関しては起訴された14〜15歳の少年2人や少年法で対処された16歳の少年の関与が明かされているのみで、それ以上の情報は書かれていない。

また、ほかの州における放火に関しても、法的措置を受けた人のプロファイルは明らかになっていない。

ニューサウスウェールズ州の報道によると、19歳のボランティア消防士が逮捕されたほか、33歳の男が車などを破壊したり、火をつけたりして逮捕されている。

また、お茶を飲むためだったり、バーベキューをしていたり、子ども同士でトーチに火をつけたりといった、前述の屋外での火気禁止令違反とみられるケースも、そうした法的措置の中に含まれていることがわかる。

いずれにせよ、「環境活動家」という言葉は一切見当たらない。これも、根拠がないと言えるだろう。

またアメリカでは「環境活動家による放火」というものに加え、「イスラム教徒がISISの命令に従って放火をしている」「高速鉄道の線路を確保するために放火された」などという無根拠な情報が飛び交っているらしいです。

自然界における、人間の「傲慢さ」と「無力さ」を痛感させられました。

雷や落ちたりして、こんな火災も起きることもあるかも知れない。ひょっとしたら一部の悪意ある人達によって放火されたことも事実かもしれない。

だけど、実際に今こうやっている間にも幾多もの動物たちが逃げ惑い、また炎に焼かれて命を落としていっているのが現実。

この事態を何かで支援できる方法がないものなのでしょうか。

さっきから、ずっと考えています。

 

宇宙の摂理、自然の道理が密かに脈づいているのかもしれません。

しかし人間として生まれている以上、この事態を指を加えて見ているだけでいいのでしょうか。

「対岸の火事」まさにそうかもしれませんが、こいう時にこそ、人間の尊い知恵と体験を活かせるときだとも思うのです。

Pocket