360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

我が家で当たり前になった神器を親父にプレゼント

Written by Takashi Yamanaka

僕の父はTVっ子だ。それもかなり(僕とは正反対)

父は演劇が好きで町内から盛り上げようと数年前から町民の皆さんと一緒に劇団を立ち上げた。その名も「七条素人劇団」

最近それが結構話題になってきて他の市からもお声がけがかかり、ほぼ毎週どこかしらで公演を行っている。

演歌が好き

さらに地元の広報誌「広報ながはま」にも取り上げてもらい「ゴキゲン」な親父。

まぁ、サラリーマンを定年まで勤め上げ、「さぁ…やることなくなってもた」とならず、自分の好きなことをやっている(やっていける)ことがあるって素直に素敵なことだと思う。

そんな親父は劇団の団長まで務めているわけだけど、役どころにより「歌」を披露するシーンを(無理やり?)入れ込んでいるわけで。ここが本人曰く結構な見せ場みたい。(笑)

そして劇の内容ごとに合わせて、五木ひろしやら氷川きよしを一生懸命練習している。
そう。うちの親父は演歌が大好きなのだ。その昔、あの人気歌番組「のど自慢」に出場したほど大好きなのだ。

タブレットが欲しい

親父はWi-Fiとかネット環境の知識が全く無いんだけど、TVでやっている某有名TVショッピングジャ◯ネット◯カ◯の「〇〇タブレット本体価格1円」を見ては「タブレット欲しいな〜」と言っていた。

「そんなに欲しいならあげよっか?」と4年位使ったiPadがあることを思い出した。

ノートPCを外出先で使う僕には、さして必要にならなくなったため、親父に先日僕が使っていたおさがりiPadをプレゼント。

「いいの?」の親父に「そんな1円と謳ってて月々5千円そこそこの通信料(本体代も含む)払ってて三年経って蓋開けてみたらその iPad 新品で2,3台買える金額に成ってるで。」

「ほー。なるほどな」の親父。

「よかったな。これで毎日飽きるほど、演歌動画見られるで。」とYOUTUBEのアプリを取って再生方法を説明する。

我が家の神器

「うわ〜次々、見れるな〜!コレで練習できるわ!」と大喜び。しばらくして「もっと大きな画面で見せてあげたい」と今度は僕の欲が出てきて、アマゾンでポチッと購入したのはChromecast。

初期のスマートなカタチのChromecastは発売した当初速攻買ったんだけど、また購入するとは。。。

我が家ではYOUTUBEを通して、WEB関連の情報収集や勉強にヨガやストレッチ、子どもたちのアニメのアーカイブなどに一役買っている。

で購入してから、翌日に到着して親父の部屋のTV裏面にあるHDMIに差し込んでセットアップ開始。

ほんの3分で設定完了。

早速キャストしてみると

「うぉ!!大きな画面で五木ひろしが見れる!!」と大喜び(笑)

しばらくすると二階の部屋では電波環境が悪いのか「途中で再生が止まってしまう」とボヤキが入ったのですかさず、僕も事務所で使っているELECOMのWi-Fi中継器を買って設置。快適に再生できるように成った。

これでしばらく ゴキゲンな親父が見れそうだ。

それにしても演歌好きの親父に反して、僕は全く演歌を通って来ず、どこで道を踏み間違えてビートルズやストーンズに傾倒してしまったのか。。。(笑)

 

Pocket