360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

何のために働くのかをメキシコの漁師は教えてくれた。

Written by Takashi Yamanaka

先日、名刺を追加でオーダーしてくださった、株式会社CASABELLAの綿田社長。

以前お話してくださったことで、年内中に忘れずにBLOGに綴っておきたいことがあった。有名な話なので知っている人もいると思うけど。

メキシコの漁師の話

そこにはとてもとても魚釣りが好きな漁師がいました。
その男は好きな時間に起きて好きな時間に釣りをして、好きな時間に子供や友達と遊んで楽しく過ごしていました。

ある日、金持ちの男がその漁師のそばにやってきてこう言いました。

:「やあ、すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの?」

漁師:「そんなに長い時間じゃないよ」

:「へぇ、君は魚釣りが得意なようだね。せっかくならもっと働いてみたらどうだい?」

漁師:「自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だよ」

:「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの?」

漁師:「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」

:「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、
きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。部下を雇ってもっと売り上げがでたらボートも買おう。そうしたら仲介人に魚を売るのはやめて自前の水産品加工工場を建てて、ビジネスを大きくする。その頃には村を出てロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ。そうすれば老後もお金ができるよ」

漁師:「なるほど、そうなるまでにどれくらいかかるのかね?」

:「二十年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」

漁師:「へぇ〜それからどうなるの?」

:「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。 どうだい?すばらしいだろう」

最後にしばらく黙って釣り好きな漁師は

「…それじゃ今のままでいいじゃないか!」

と言いました。とさ。

結局、自分のやりたいことは、すでに事業をする前にできていた、というなんとも痛快な話。この話は「お金儲け」に走りすぎて、本来やりたいこと(目指したいこと)がボヤケてしまうといういい例だと思う。

メキシコの漁師は既にやりたいことをお金を媒介せずに実現している。
ならば、今更お金を媒介させる意味などどこにあるだろうという疑問を投げかける。MBA男はいわゆる「手段が目的になっている」という状態。つまり、お金を手段とせずとも達成できる目的であれば、お金は必要ないということ。

幸せは足元に

別に「お金儲け」を意識して動くということは悪いことではなくて、確かに商売をやっていく上ではめちゃくちゃ大切な部分なんだけど、彼はそもそもそれを望んでいない。というのがポイント。

「幸せの青い鳥」の様なこの話。

どんなに稼いで立派なボートやパワーのあるエンジンを載せて何mph飛ばしても、きっとその過程で、お金じゃ買えないものにあるに気づいてスロットル緩めるだろうな。

そんなこと書いてふと思い出した、船舶免許の更新のお知らせ。

はて僕は何のために船舶免許を取ったのかな。

 

12月30日追記分

年末最後の更新になると思うので最後に一曲。

多分、今年一番聞いた曲かな。

Red Hot Chili Peppers 

Soul to Squeeze

※タップ(クリック)すると曲が流れます。

それでは皆さま よいお年を!!

Gracias. Hasta luego!!!!!!

Pocket