360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

相撲を見に行こう〜大相撲名古屋場所〜

Written by Takashi Yamanaka

「相撲見に行こうか」

この日は先輩にお誘いいただき、人生初の大相撲を観戦してにいくことに。

場所は猛暑日が続く、名古屋へ。この日も暑かったな〜。

会場へむかう前にすれ違うお相撲さんの行列…
おお。すごい迫力だな〜。

いや〜!!なにから何までスケールが違いますね。

小さい頃からTVで見たことはあったけど、やっぱり「生」はいい!!

賞金の数。。。。

他のスポーツではスポンサーという表現が一般的だが、大相撲ではあまりスポンサーという表現はしない。日本古来からある競技という点もあるが、一般的にはスポンサーという表現ではなく、出資者と呼ぶみたいです。
出資者は、懸賞金を出して取組前に広告を出すことができる。多くの有名企業が出資者となっており、大昔から大相撲に関わる企業も多いのが実情みたい。

観客側ってすごかった。

小さな子どもから90歳くらいまで、こんなに幅広い支持者がいるスポーツって相撲くらいじゃないだろうか。

撮影OKだったので一眼持っていって正解。

こんなシーンをまさか自分のcanon 70Dで納められる日がくるとは・・・(笑)

次の出番を待つ。

こういう時の心境ってなんていうか、背負ってるものが半端じゃない分、プレッシャーは相当なものが有るんだろうな。

当たり前だけど、体つきが全然違う。

パチン!パチン!と肉と肉がぶつかり合う音。
改めてすごい世界だな〜と。

人気力士や強い力士が次々と登場して、熱戦を繰りひろげます!

会場からも黄色い声援やドスの聞いた声での叱咤激励の声などが飛び交い、会場のボルテージはMAX!いやぁ〜圧巻でした!

あっ!!この後姿は…

貴乃花親方…

うちの亡くなった、おばあちゃんが現役の時から大好きな人でした。いろいろとメディアなどにも取り上げられた方ですが、やはり後ろ姿から出るオーラはただならぬものを放ってました。

ちゃんこ王瀧

大相撲を観戦した後はもちろ、ちゃんこ!
ということで本場のちゃんこ鍋を出すことでも有名な王瀧さんへ。

中に入ると数々の著名人の写真やサインが…。
これは相当期待度が高まります!!

さて、ちゃんこができるまで、炙りな生レバーを注文。

生でもいけますが、色々と世知辛い世の中なので、軽めに炙りました。

これがまた美味しくって、ごま油と塩のコンビが絶妙だった。

さて、そうこうしてる間に本場のちゃんこの準備が整ってきました。

黄金色のスープに鳥のだんごが投入されていきます。

四人前でこのボリューム!!

なんと!!さすが本場はちがいますね〜。これは味も相当期待できます!!

ゆっくり、バランスを見ながら食材を…

こちらでは定員さんが、盛られた食材を一つづつ鍋に投入していってくれます。

しいたけ、お麩、揚げ、豚肉、ごぼうなど入れ、ネギも添えて。

次の日は打ち合わせもなかったので、当然にんにくガチ盛りで(笑)

本場のちゃんこ。上品なスープで本当美味しかったな〜。

このあと、「〆にきしめんいれますか?」って聞かれましたが、腹パンのため、次回にお預けとなりました。

それにしても…
夏に「鍋」いいわw!!!

最後に相撲関連の音楽をと思い、なぎら健壱の「悲惨な戦い」と迷いましたが(笑)、もう少し音楽性の高い吾妻光良& The Swinging Boppersのファンクなこちらの曲はいかがでしょうか。

 

栃東の取り組み見たか

吾妻光良& The Swinging Boppers

※タップ(クリック)すると曲が流れます。
周りに聴かれるとちょっと恥ずかしいのでお一人の時にどうぞ。

Pocket