360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

本当はチキンよりも売りたい「話題」。

Written by Takashi Yamanaka

キャリアをドコモからソフトバンクにしてからもう何年経つのだろう…

振り返るとあの時のソフトバンクの快進撃は凄まじかったな。

数ヶ月前から始まったソフトバンク利用者限定サービス。

SUPER  FRIDAY

ソフトバンクユーザーには毎週金曜日に使えるクーポンが「今月はファミチキ一個プレゼント!」という キャッチと合わせて毎週Messageが送られてくる。

「ファミチキ」が登場した当初は、この「手軽に買えて美味しいチキン」はファミリーマートの専売特許みたいな感じだった。

今でこそ、セブンイレブンの「揚げ鳥」なんかがこのポジションにも居るけど、昔はこの「ファミチキ」の変わりなるものが他では無かった。

長らく食べてなかったし、僕はセブンのコーヒーが好きだから、ついついい寄り道するコンビニといったらセブンイレブンが回数として圧倒的に多くなる。

でも今回、時間があったので通りすがりのファミマに寄ってファミチキだけを頂いた。

で、ふと思ったけどこれ全然、店側が抱き合わせというかセット買いの提案していない。

ん?これ非常にもったいなくないか?

そこでちょっと考えてみた。

お店として出来る事って何かないかな。

だって集客はソフトバンクがユーザーに向けて勝手にMessageを送信してくれてわけで、放っておいてもある一定の人数はファミチキをもらいに来てくれる。

そこで例えば、ビールorソフトドリンクを合わせてご購入していただくと、飲み物は20%OFFなどすればチキンを無料でプレゼント(本当は無料じゃないけど)していた時よりコンビニ側は現金を回収できると思う。

SUPER  FRIDAYの決められたメニューの期間は1ヶ月と決して長くはないけど、3月だと金曜は5回あったわけだから、短いなりにPDCA回して最後の週は一週目より売上を2倍近くまでは伸ばしたい。

一月振り返って、チキンが何個出たとかいうのはソフトバンク側へのフィードバックとして必要なわけで、コンビニ各店舗単位で見ると、然程重要でない。

むしろ、そのセット売りの部分でどれだけ+α商品を買ってもらえるだけの工夫をしたか? の方が重要だと思う。

でも本当に売りたいものは商品じゃなくて「話題」

この流れでいくと金曜日は集客率が高いので、売上が必然的に上がりやすい傾向がある。
でも、他の曜日もこのイベントに便乗して売上アップを狙いたいのが本音。

そこで、勝手に金曜とは別にBluesの名曲にちなんで、「STORMY MONDAY」と題し、月曜にアルコール類を買ったお客様には、チキンをプレゼントして話題作って次に繋げる。とか。(笑)

他にも「今月ファミチキもらえるらしいよ」というのと、

「あそこのファミマだけはファミチキと一緒に〇〇買うと、さらに〇〇があるみたいだよ!」

という場合では圧倒的に後者の方が人は話題を口コミで沢山広げてくれる。

まとめ

SUPER  FRIDAYとか僕がコンビニやっていたら、またとないチャンスだから、+αで企画考えてチラシを作って近所に配りに行っちゃうな。

フランチャイズオーナーのモチベーションを上げるためにも都道府県別にSUPER  FRIDAY時の売上げランキング作って、ベスト3までには旅行チケットプレゼントとかやれば、オーナーサイドは本気出してやるんじゃないか。

って勝手に「できること」「できないこと」構わず列挙してみた。
そして本当はみんなそれぐらいしたいけど、様々な制約があってできないとかなのかな。

でも、そんなこととは関係なく今日も琵琶湖が綺麗。

 

Pocket