360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

言葉なんてなくっても、人のココロを動かせる動画があります。

Written by Takashi Yamanaka

今年、はじめに、ある一本の動画に出くわした。というのもこの約半年、ずっと心の中に引っかかっていた映像だった。

もしかしたら、いや、きっと言語の壁なんてなくっても世界は、大きく変われるんじゃないかというmovie

その映像の中には、インドの日常が映し出されていた。

男の行動が人の未来を変える。

道には通行を妨げる一本の木。

周りの大人達は、目の前を塞いでいる一本の木に、諦めムード全開。
お巡りさんも、そんなことはどこ吹く風。

その時、一人の男の子が登場。

そして彼の行動が周りの人たちの行動を変えさせる。

この動画は「言語」を超えて人々の心を動かす、数少ない動画だと思う。

そしてもう一つ。

ホントはおもちゃだって欲しいし、アイスだって食べたい。

だけど目の前に飛び込んできた出来事に、少年はとても素晴らしい行動にでる。

 

結構、これ見て素直に「感動」したっていう人と、「そんなことあるわけないじゃん」って思う人と結構はっきりと分かれると思う。

損得だけで動くと成長しないかも

で。どっちが正しいとかじゃなくって、大人は「損得」で考えちゃうから駄目なんだと思う。

子供はこの「損得」がいい意味で無いから、自分から見て「これは動かなきゃならない。なんとかしてあげたい」って思うと、本当に行動に移しちゃう。たぶんみんなも小さい時ってそうだったはず。
そんな子供がいるわけないって言う人は、正直ちょっと悲しいなー。

行動するってすごく勇気いるけど、その勇気ある行動に感化されて、自らも動く人間って素敵。

「私には関係ない」って無関心がある限り、成長なき人生になちゃうよね。

 

Pocket