360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

あなたが無駄にした今日はどれだけの人が願っても叶わなかった未来である。

Written by Takashi Yamanaka

ノックアウトされた名言・格言の中でも人間が成長する過程という視点で確信をついてる言葉に出会いました。

 

1. 今居眠りすれば、あなたは夢をみる。今学習すれば、あなたは夢が叶う。

Sleep now and a dream will come out; Study now and a dream will come true.

 

2. あなたが無駄にした今日はどれだけの人が願っても叶わなかった未来である。

Today you wasted is tomorrow loser wanted.

 

3. 物事に取りかかるべき一番早い時は、あなたが「遅かった」と感じた瞬間である。

The earliest moment is when you think it’s too late.

 

4. 今日やるほうが、明日やるよりも何倍も良い。

Better do it today than tomorrow.

 

5. 勉強の苦しみは一瞬のものだが、勉強しなかった苦しみは一生続く。

The pain of study is temporary; the pain of not study is lifelong.

 

6. 勉強するのに足りないのは時間ではない。努力だ。

You never lack time to study; you just lack the efforts.

 

7. 幸福には順位はないが、成功には順位がある。

There might not be a ranking of happiness but there is surely a ranking of success.

 

8. 学習は人生の全てではないが、人生の一部として続くものである。

Studying is just one little part of your life; loosing it leads to loosing the whole life.

 

9. 苦しみが避けられないのであれば、むしろそれを楽しめ。

Enjoy the pain if it’s inevitable.

 

10. 人より早く起き、人より努力して、初めて成功の味を真に噛みしめる事ができる。

Waking up earlier and working out harder is the way to success.

 

11. 怠惰な人が成功する事は決してない、真に成功を収める者は徹底した自己管理と忍耐力を備えた者である。

Nobody succeeds easily without complete self-control and strong perseverance.

 

12. 時間は、一瞬で過ぎていく。

Time passes by.

 

13. 今の涎は将来の涙となる。

Today’s slaver will drain into tomorrow’s tear.

 

14. 犬の様に学び、紳士の様に遊べ.

Study like a Dog; Play like a gentleman.

 

15. 今日歩くのを止めれば、明日からは走るしかない。

Stop walking today and you’ll have to run tomorrow.

 

16.一番現実的な人は、自分の未来に投資する。

A true realist is one who invests in future.

 

17. 教育の優劣が収入の優劣。

Education equals to income.

 

18. 過ぎ去った今日は二度と帰ってこない。

Today never comes back.

 

19. 今この瞬間も相手は読書をして力を身につけている。

Even at this very moment your competitors keep reading.

 

20. 苦しみ無くして得るものは無し。

No pain, No gain.

ハーバード大学の図書館にかかれた「落書き」

聖書のワンフレーズのようなこの言葉たちに出会った時、かなり衝撃的でした。

実はこの言葉。ハーバード大学の図書館にかかれている「落書き」なんですが、実際はデマで、発端は2007年に中国のネット掲示板で学生達がお互いを励まし合うために書いたものだとされていますが、それがSNSなどで話題となり世界中に広まったようです。

色々と調べてみると、ハーバード大学の図書館といえば、世界最大級の規模を誇り、米国議会図書館に次いで全米2位の蔵書数の図書施設だそうです。

24時間開館していて勉学・研究に励む学生や研究者らも多くいるらしく、一度訪れてみたいと思う人も多いのではないでしょうか。

「デマ」か「真実」か

色々調べて見ましたが、実はハーバード大学の図書館の壁に書かれているといわれる20の教訓が実はデマだという衝撃的な事実がまことしやかに囁かれていますが、個人的には正直「どうでもいい」というのが結論です。

「デマ」か「真実」かというのは、その先にある信憑性を問うものであり、それ以前に、その言葉たちが何に対して訴えているか。この部分が最も重要ではないかと思うのです。

だからこそ、人間はその部分に感化され、そして啓発され、パワーをもらい行動に移すのではないでしょうか。

 

 

“Glow”

Donavon Frankenreiter

※タップ(クリック)すると曲が流れます。

 

 

Pocket