360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

鶴と亀

Written by Takashi Yamanaka

長浜から見ると伊吹山は雪が積もってた。もうそんな季節か。と思い、長野県の豪雪地帯・奥信濃に住む若者を思い出した。

今日紹介するフリーペーパーは地域振興の新たな可能性を見出すことができるかもしれない。

前例のないフリーペーパー

その名も「鶴と亀」

かなりエッジが効いてます。

実際に協賛されている企業も、ただ名前載せて終わりというのではなく、いかに面白く。そして目を引いてもらえるか。という点に力を注がれている(笑)

久しぶりにノックアウトされたフリペーパー。これまでに見過ごされてきたようなローカルの魅力を提示した、もはや作品といえる傑作。

先日、さざなみ古書店さんに行った時に目に入り「コレは…」と衝撃を受けたのでご紹介。

結構イカれた(いい意味で)切り口で、地方の「お年寄り」にフォーカスを当てたこのフリーペーパー。

 

地方にいるイケてるじいちゃん、
イケてるばあちゃんを
スタイリッシュに発信。
ここ地方でしか出来ないものを、
ここ地方から発信。
地方はおもしろくない。
もう、そんな時代じゃない。
発信源は奥信濃。

 

これは相当イイ…

なんというか今までのフリーペーパーの概念を大きく覆してくれた作品だと思う。

そして、お化粧やおしゃれして「紙面に載る」という感覚ではなく、あくまで普段着でリアルなシワやシミをそのままを残してある。

ここに年月を重ねてきた人間に対する「リスペクト」を感じることができる。

鶴と亀 録

“見たことないフリーぺーパー”として、じわりじわりと人気を呼び、配布する部数はすぐに品切れ、編集部や取扱い店にはバックナンバーの問い合わせが相次ぐように。そしてついに、集大成となる写真集『鶴と亀 禄』の刊行へと至った。

一家に一冊いかがでしょか。きっと家の中がHAPPYになります。

『鶴と亀 禄』

長浜市では「さざなみ古書店」さんで販売中
値段/2,300円(税抜)

 

Pocket