360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

CAMP LIFE….

Written by Takashi Yamanaka

冬キャンの練習のために11月中旬にキャンプ決行!

厳しい冬を目の前に、既に多くのキャンパー達が琵琶湖沿いにテントを張ってジャックしてました。

今日も一緒に行った先輩は、無駄の少ないソロキャンプ仕様。

機能性が高ければ必然的に美しくなる。

洗練されたキャンプギアは、どれも美しいものばかり。
いかにコンパクトに、軽量に。スタイリッシュに。その全てが機能的で、理にかなっている形状をしていたり。

焚き火台でパチパチ薪を焚いている中で…

その中で僕はツーバーナー(笑)

僕の中ではCAMPはやっぱりこの道具が一番!!と思っていたけれど中々、重いし場所取るし、4人以上のCAMPなら良いんだろうけど、二人とか一人ではやっぱりちょっと荷が重い。

もちろん使い勝手は良いんだけれど、ホワイトガソリン注いだり、維持もそれなりに大変。。。
ランタンも同じ燃料で統一しているから良いんだけれど、それでもちょっとめんどくさい一面もあるのも事実。

僕のキャンプスタイルって、自分の親世代がハマった、第一次キャンプブームを踏襲している感じなんです。だから、ぶっちゃけ「今」のキャンプスタイルとはちょっとかけ離れたものがあって。

まぁ作る料理は、今風なんですけれどね。笑

ゆっくり流れる時間。

だけれど、もっとギアを新調していきたいな。と思う。
その点、先輩たちはツーバーナーとかじゃなく「焚き火台」だから、これひとつで、暖を取る、明かりを取る、料理を作ることもできる。

特に「暖をとる」というのは今の時期には特に必須。

先輩のギアたち。うん。すべてが機能的ですよね。

だけれど、ツーバーナーの火力調整を活かし、メキシコ料理「エンチラーダ」を作る。
これがマジでうまくて、ビールが最高に進むんですよ。

就寝時間は20時。
この生活リズムめちゃくちゃ健康に良いと思います。笑

早起きしたご褒美に。

朝は太陽と同じ5時半には目を覚まして、PCからメールチェックして、朝食の準備に取り掛かる。

昨日食べそこねたチキンとマッシュルーム、ブロッコリー をスキレットで焼いて頂く。
これがまた美味で一日のスタート。

朝は早起きしてチャイを飲み、目の前の琵琶湖に朝焼けを見に行く。

本当にキレイでした。

こういう時に一眼持ってたら抜群の写真撮れるんでしょうね。

ただ、大きくてレンズ交換も大変だから、コンパクトなミラーレスを買おうか悩んでます。

自然を中に身をおいて、現代の文化から、少しだけ距離を置いて過ごす時間というのは、やはり現代人には一番必要なのかもしれません。

Pocket