360℃ Google street view

TAKASHI BLOG

Classic Rock Photo Gallery Exhibition 【東京〜西麻布〜】

Written by Takashi Yamanaka

写真家のトム・マーリー氏は1968年7月28日、ロンドンでビートルズを撮影しました。

どこにでもついて来る大勢のビートルズファンを避けながら、駆け足での撮影でした。

The Mad Day: Summer of ’68—移動ばかりの撮影から、この有名なコレクションの名前がつけられました。

ビートルズ4人揃っての写真としてはこのコレクションが最後のパブリシティーとなりました。展示会では他のアーティストはThe Rolling Stones, Led Zeppelin, The Clash, Eric Clapton, Blondie, Tom Petty, David Bowie, Amy Winehouse. など個人的にもとても好きなミュージシャンがたくさんが多かったので(というか全て)たまらないひとときでした。

ビートルズ関連が多かったのですが、他にもストーンズなどもたくさんあり、

デビッド・ボウイや、ブルース・スプリングスティーン、Blackyにタバコを挟んでいた頃のクラプトン、このBLOGに「何度も」登場しているザ・バンドのラストワルツ時のPHOTOなど。。。

元々個展を開いたりするスペースなどで、何百枚もという枚数ではないですが、選りすぐりのショットが並んでます。

写真は実際に販売もされておられるので、気に入った一枚があればその場で購入することもできます。

ビートルズ、リアルタイム世代のギャラリーE&Mオーナー竹内さん。

「アルバムが出る度びに買ってたよ(笑)」と当時を振り返りながら、思い出話を聞かせてくださった。

あの時代に青春時代を突っ走られた人を見ると、本当にいつも羨ましく思ってしまう。

JAZZにもお詳しく、63年に来日した時のThelonious Monkの写真などが収められた一冊もお手元に持っておられ、見せていていただいた。

一緒に映っている日本人は白木 秀雄という男性。

僕はJAZZはそこまで詳しくはないんだけど、調べてみると、凄腕のドラマーだったようで。

1972年9月1日に精神安定剤の過剰摂取(オーバードーズ)と見られ、発見された時点で死後10日ほど経過していたらしい。

若くして亡くなっておられるので僕も全然知らなかった。

ところで、更に興味深いのが、白木さんは1961年、アート・ブレイキー率いるジャズ・メッセンジャーズの初来日の際、ブレイキーとの初競演(ドラム合戦)を果ておられる。

61年…

まだまだ黒人差別が残る時代に、島国に来日し、しかも日本人ドラマーとセッションするなんて、僕の辞書には載ってなかったことばかりで、かなり衝撃だった。

自身もカメラマンである竹内さんと。

本当に楽しいお時間ありがとうございました。

好きなアルバムは「リボルバー」と意気投合させていただいたところで4人のアルバムから、ちょっと懐かしくなる、この曲はいかがでしょうか。

 

“For No One”

The Beatles

 

 

※タップ(クリック)すると曲が流れます。

アクセス

Classic Rock Photography Exhibit
The Beatles, Flower Power II, Tom Murray, Photographer

会 場:ギャラリー E&M 西麻布
住 所:東京都港区西麻布4-17-10
会 期:2018年9月8日(土)〜10月7日 (日)
時 間:12:00〜18:00(月・火曜日休館)

Pocket